広報開始
図書館総合展明日から

INFOPRO2005終わりました

ああ、一ヶ月ぶりのエントリです。読者の方、お待たせしました。

長いこと予稿書きやスライド作成で苦しめられてきた、INFOPRO2005での弊社におけるRSS関連の取り組みについての発表が無事終わりました。参加された方がこのblogに気づいてもらえれば幸いです。

「自館OPACのRSS化なんてネタ、聞いてもらえるのかなあ」という不安は見事にはずれ、70人ぐらい収容の会議室に立ち見まで出るという盛況で、またいくつか質問や協同のお申し出も頂き感謝しております。スライドは追って予稿と併せJ-STAGEに載るらしいですが、事務局と交渉し弊社公式Webサイトへの掲載を考えております。その時はまたお知らせをします。

予稿を書いてから発表まで時間があったので、その間の情勢や発想の変化、新サービスの試行などができ、スライドにはそのあたりを反映できました。

2003年初頭のMovableTypeでRSS生成、XOOPSで閲覧というテストから、同年からの本格的なサービスのためのシステム仕様策定と構築、そして2004年にサービスのカットオーバ。2005年3月には雑誌個別の受入情報のRSS化など、RSSによるOPAC上の情報配信については、「使い物になるのか」「誰が使うのか」「どう使えばいいのか」など手探りの中で進めてきました。そして、色々考えたあげくにINFOPRO2005での発表に踏み切りました。業界内など周囲の反応も知りたいところでした。

結局、このサービスで実現したかったことは「OPACの外部向けAPI提供によるWebサービス化」に至るプロセスの一つだったのかなあ、と今になって考えています。国内では学術的な情報のRSS配信は、お知らせやサイトの更新情報的な物を除けば、国立国会図書館のCurrent Awarenessが提供されている「図書館に関する調査・研究」更新情報や、の一橋大学附属図書館の附属図書館新着図書RSS提供ぐらいで(書き手の情報不足なので他にありましたらお知らせ下さい)、まだまだ数が少ないのが現状ではないでしょうか。その中で小規模な図書室の集まりではありますが、関連研究所66拠点図書室の新着図書・雑誌受入情報の配信は事例として参考としていたければ幸いです。

将来は、弊社のデータベースだけでなく、他からも有用なリソースがAPIがオープンになったWebサービスで提供され、大きな情報プロバイダによる一極集中のポータルではなく、利用者自身が使いやすい情報を選択して自分のポータルサイトを提供できる環境構築が可能になれば、と考えています。このサービスも、ポータル構築のためのパーツを構成するための第一歩です。APIの提供とオープンなサービス。こういうサービスが、今ならWeb2.0的だとかいうのでしょうか。

小規模経営の弊社としては、競合他社に飲み込まれないよう地道にサービスを続けるしかありませんが、ユーザにちょっとでも近いところに有用な情報を送り続ける、そんなサービスを構築していきたいものです。

コメント

くるとん

専門外なので具体的内容は想像もつきません。
「自館OPACのRSS化…??」んがとりあえず
おつかれさまでした!

tz

くるとんさん、おひさしぶりです。

「自館OPACのRSS化」ですが、OPAC=Online Public Access Catalogの略で、図書館方面では「利用者が検索できる図書館の所蔵目録データベース」を指します。

今回の試みは、例えば近所の公共図書館の新着図書のタイトル一覧がblogのようにRSSリーダなどで取得でき、登録利用者ならさらに貸出予約までできる、また自分のホームぺージやblogをお持ちなら、そこに最新の情報を貼り付けておける、というものです。

いちいち図書館に出向かなくても、また図書館で慣れない端末で検索しなくても新着の図書が把握できるサービス、というものを今回は構築してみました。

「RSSはblogだけの機能ではない」という一例と考えていただけるとうれしいです。

MIZUKI

本当にお疲れ様でした。
Web2.0という概念がまだまだ理解できているわけではないのですが、これからも情報サービスを生業として生きていくなら、おそらく無視しては先に進めない概念なのだろうと思います。
システムを作るのではなく使うのみのライブラリアンの立場から申し上げますと、願わくば今回のRSSのように、「ユーザにちょっとでも近いところ」に最先端の技術が活かされるという事例がもっともっと実現してほしいです。最近の例で言えばGoogleパーソナライズドホームのように。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)