引けない「図書館戦争」
OPAC2.0を想う

分館という名の下に

弊社は分館だ。社名のほかにその名の看板も掲げている。他館より予算とか規模とかサービス内容で大きく差があっても、分館は分館。それなりの立場というものがある。
日々、中央館の暖かきご指導ご鞭撻の元、法的な面も含めさまざまな便宜を受けている。一方、苦い思い出もある。大人の付き合いとはそんなものだ。

いま、そんな中央館の周囲が揺れている。いわゆる法人化という波だ。
国の機関の法人化が、本当に国益になるのか。正直、それはわからない。機関の性格や業務内容にもよるだろうし。
ただ、本当に国としてしなければならない事業とは何か。それを検討し実行に移さないことには、危機的な状況からは抜けられない。だが、その決定が単純な数値による評価や政治的な意図からなされたり、いわゆる声の弱いところから切れられたり、ということはあってはならないと感じる。
分館としては、中央館が独法化されれば影響は少なくない。サービスにも影響が出る。

こちらは情勢を見守っているしかなかったのだが、先日中央館からこの件に対する記者発表資料が公開された。中央館Webサイトのトップページからリンクされているので興味ある方はご覧頂きたい。

A42枚という短いものだか、「圧力」に簡単に屈せず、凛として自らのあるべき姿を示す中央館の姿勢が感じられた。日本の図書館が依るべき存在であると感じさせられる。

分館であるが故、対等な立場にはなりえないシーンもあるが、協調し応援してゆきたいと思う。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)