納納戦隊納本ジャー
政見放送を見る。

キンモクセイの香りとa9.com、そしてGoogleツールバー

 職場の庭に植えてあるキンモクセイが香り始めました。館内でも何気なく香ってきます。秋の気配を感じますね。
 そんな今日は9/11付けエントリの続き。


(前回のあらすじ)

 京都駅でのHack in マクドの成果であるGoogleツールバー4用OPAC検索プラグイン。さりげなく公開はしているものの、課会で「『Google ボタン ギャラリー』に追加してよいか」と諮ったが、とてもマズそうな空気が机上を支配する。

 とりあえず、「またご相談させていただきます」としてお茶を濁す図書館退屈男。

 どうする図書館退屈男。明日の「サラリーマンNEO」は敵か味方か。


 で、今シーズンラストの「サラリーマンNEO」を見たわけですが。「Re:」のオチはどうなのかと。あれで彼の過去は消え去るのか。ELLEGARDENの「Space Sonic」買っちゃったよ。「コントを読む」もイイ。毎回でも見たい。でもセルフパロディは禁じ手のような。
 …いや、検索エンジンから「サラリーマンNEO 動画」で検索してやってくる人々のためにも、ネタバレは避けておこう。動画ならYouTubeが熱いと極個人的に思う。ネコ動画もあるし。Welcome。

 そうじゃない。Googleツールバー用プラグイン公開について上の了解を取る話だ。

 一時撤退を余儀なくされたが、他の案件とまとめて図入りの資料で対課長説明を試みる。コンセプトは「うちのデータベースを『どこからでも』使えるようにする。そして知ってもらう。」これで行こう。

 提出案件は3つ。

  1. Google ボタン ギャラリーへの弊社OPACの登録
  2. a9.com への弊社OPACの登録
  3. Google Scholarと弊社内リンクリゾルバとのリンク

 常日頃、内外から「広報不足」「もっと宣伝しろ」と言われる日々。だが、専門の研究者はともかく、多くの利用者の現状はGoogleなどから「たまたま」弊社サイトのサービスを知って利用に結びつく例が多いように思う。
 知名度を上げ、これを解決するために、他のサービスとリンクし「a9でも検索できる」「Google ボタンギャラリーにも登録されている」ことで新規利用者の開拓とサイトへの誘導を図る。これが1と2。3はリンクリゾルバのライセンス上、社内向けサービスとなるが「使い慣れた検索システムから原報入手/複写依頼をワンストップで行う」ためには必須。

 ただリンクされるのを待っているだけではだめだ。ここは打って出ないといけない。そして同業他社のサービスとの差別化を図る。

 課長、課長補佐を交えての30分の攻防。「それはメリットがある」として無事クリア。次は、当課事業担当の上役に諮ることに。ややもすれば当課の事業は「上に諮りもせずよくわからん技術を使って勝手に動いている」と言われがち。うちは公安9課でも特車2課第2小隊でもないので筋は通すことには同意。意思決定はプロセスも大事。

 翌日(つまり今日)、課長補佐と上役の個室で資料説明。「それはどんどんやるべき」と高評価。ただし、「いわば『裏口』から来るお客さんになるわけだ。いつでも出せるよう記録はちゃんと取ってね。」との指摘。アクセスログはちゃんと確保し集計、分析しておけということか。こんなこともあろうかと、RSS系のアクセスは別に集計できるよう仕掛けがしてある。

 GOサインは出た。設定開始だ。

 1はGoogleへの申請が必要。動作確認は済んでいるのですみやかに必要事項を記入、送信。「数日で終わるよ」と英語の自動応答メールが返ってきたが、日本語で記入しても大丈夫だったのだろうか。

 続いて2。a9.comの登録フォームにOpenSearch DescriptionファイルのURLを入力すると、動作確認と文法が自動的にチェックされる。これも事前に確認済み。問題なし。そしてSubmit。本番環境への反映はすぐに行われたようだ。
 検索フォームの[More Choices..]の[Over 300 more...]から"library"をキーワードにして絞り込むと、2ページ目の最後に弊社OPACが表示される。ぜひ"+ add this column"してご利用いただきたい。ただし、ユーザ登録(無料)していないとデフォルトのデータベースのほかは1つしかデータベースを登録できない。
 勢いで簡単なマニュアルも作成(PDF)。図書館総合展でも配れるかな。使ってもらえればよいのだが。

 3の件については、Google Scholarの「図書館向けサポート」に「詳細については、リンク リゾルバのベンダーにお問い合わせください。」とあるので、素直に設定用XMLファイルの作成をベンダに依頼。しばらくかかりそうだ。

 OPACだけでなく、弊社の主力商品である文献データベース群を同様に様々なインターフェースから検索できるようにするのが最終目的であるが、この試みでサンプルデータと経験は蓄積できるだろう。

 物理的に一箇所に固定されたインターフェースのみではなく、あらゆるところにその影があり、様々な、使い慣れたインターフェースから検索できるデータベース。我々の進撃は着々と進む。


 図書館総合展、今年も出展が決定しました。今年は、会場中央の通路、一ブロック目の奥側の角地でお待ちしております。出展者プレゼンテーションも11/21にありますが、夕方17時ごろのセッションなので人が集まるかどうか不安です。詳細は追ってお知らせします。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)