政見放送を見る。
10月…

やっと「時かけ」

 東京から60km離れたこの地にも、「時をかける少女」がやってきた。さらに遠い地のほうが上映が早いのには納得いかないが、見られるのでありがたく思おう。

 …と余裕なスタンスでいたら、上映は9/9から9/29までではないか。短いぞ。ということで慌てて先週見に行くことに。しかも最終週は上映時間が変更になっていた。事前に確認していなかったらひどい目にあうところだった。危ない。その他の地域での上映予定は、公式サイトの「上映館情報」をどうぞ。

 で、観てきた。あちこちのblogで多くの論評があり、いまさら感想を書いてもと思うところではあるので、とりあえず箇条書きで。

  • 7月の空は青かった。どこまでも青い。そして雲は綺麗。もう戻らない、でもまたやってくる夏。
  • プリンは大事。勝手に食べると遺恨を残す。
  • 資料修復専門の学芸員には正直憧れる。美術品を修復、保存する技術は資料保存にも通ずるところがあり、図書館員としては無視できない。
  • よく考えてみるとわずか2~3日の間の話。でもあの年代ならたとえ1日でも本当に長くて貴重で、帰らない1日だったはずと思うのは自分が年を取ったから。
  • 公式サイトの押井守のコメントは、「葱ぬきのカケ」と言いたかっただけなのではないか。

 こんなところだろうか。

 図書館退屈男の中では、「The Natural (1984)」「王立宇宙軍~オネアミスの翼~ (1987)」と並び、「何度でも見たい映画」の一つに挙げておきたい。
 ただ、惹かれるのはなぜだろう。「Natural」のように渋く、かつカタルシスを感じるわけでもなく、「王立宇宙軍」のようにむやみに熱い情熱やいちいち意味深なセリフ(大体覚えちゃったよ。さすがに王立宇宙軍軍歌は全部歌えませんが。)が心に刻まれたわけでもない。

 「葱ぬきのカケ」。シンプル。そして自分の過去に、あるいは今、隣の町で起こった出来事を見ているような、リアルな既視感の中の非日常。そんなものを垣間見たような気がする。だからもう一度観たい。もう一度観て、「あの世界」を垣間からではなく主人公と同じ目線で、繰り返して体験したい。そう思わせるところに惹かれた気がする。

 もっと早く、夏のうちに見ておけばよかったよ。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)