IBM OmniFind Yahoo! Editionを動かなくしてみた
あのとき僕らは端末の前にいた(1)

IBM OmniFind Yahoo! Editionを動かしてみた(3)

 眼前にあるはIBM OmniFind Yahoo! Editionの再インストールができないWindowsXPマシン。どうしたものか。

 気を取り直して、公式Fourmにあった手法でFedoraCore4へのインストールを試みる。

 まずはセットアップファイルを -is:extract をつけて実行、構成されているファイルを展開。同梱されているJRE(J2SE Java Runtime Environment)ではなく、自前で入っているJREで java -cp setup.jar run として実行。エラーで落ちた。JREが古いのか。ver.1.5.0で試す。今度はインストールに無事成功。続いて setup.sh を実行して設定を開始…設定画面は表示されるものの、またエラーで落ちた。続いてver1.6で。これもエラーで落ちる。何が正しいのか分からない。javaの環境を作り直したほうがよさそうだ。

 仕方ない。今日は撤退を決める。Uninstall.sh を起動。これもエラーだ!
 当然のように再インストールもできない。アンインストールもできない。手詰まり。

 落ち着こう。Linuxだからレジストリなどという面倒なものはない。rootで作業していたのだが、/home/root にInstallShieldというフォルダ発見。これを削除。再インストールはできるようになった。

 そうか、それならWindowsXPの方も。再度探すと、C:\Program Files\Common Files\InstallShield\Universal に「IBM」フォルダが。これを削除すると、再インストールができるようになった。これでチェックしていたのか。盲点。

 OPAC構築再開。Linuxマシン側にSambaを立てWindowXPからマウント、ローカルファイルとしてDBを構築することにした。

 そして約1時間が経過。750page/min で鋭意クロール&インデックス中。明日の朝には終わるかな。ディスク足りるかな。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)