« LibraryFindと戦ってみた | メイン | 嵐の中で輝いて »

2007/02/21

コメント

wono

 私も前職でVMSいじってました(図書館システムで、というとお郷が知れますが)。 当時の他のやわなサーバと違い電源をいきなり引っこ抜いても電源をいれたらそのままなにごともなかったように起動したVAX4000、DEC3000では出始めのTELNET-OPACを運用(まだWEB-OPACなんてどこにもなかった)、そのDEC3000のVMS上にNCSA httpdを動かしたのがその図書館最初のホームページでした。
 Alphaになってからは世界最速のAlphaチップ(しかも当時はめずらしかった64bit)で動く図書館システムというよくわからない自己満足をしていた気がします(そのパワーを使いこなしていたかとういうと疑問ですが)。

図書館退屈男

wonoさんこんにちは、うちも
最初の図書館システムはAlpha4100+VMS+QueryManagerというスベックだけならゴージャスな構成でした。諸般の事情で落札した社は別ですが、システム構成は某社とほぼ一緒という…。

あ、今はHP+IA64+Cache'です。でもシステム自体は製品版ではないあたりがまたなんとも。(おかげで言えば何でも実装はしてくれますが。)

この記事へのコメントは終了しました。

最近のトラックバック

Powered by Typepad