サービスを終了させる、ということ。
「国会図書館の本、全国で閲覧可能に」を深読みしてみた

インターネットの中にあるたいせつなもの

 ついにカレントアウェアネス-Rにも取り上げられた、「かたつむりは電子図書館の夢をみるか」のエントリ、「[図書館][エレクトリック]図書館系ブロガーの皆さん、御協力お願いしますm(_ _)m」。

 つくばの無名(いやもう十分に有名か)の若者に、理由は定かでないけれどドイツから「日本の図書館ブログについて紹介文を書いてくれ」との依頼が舞い込む。そこで彼はblog上で「お手伝い」を募集。これに呼応する多くの人々が連ねるコメントとトラックバック。図書館退屈男も微力ながらコメントで協力しています。

 このblog自体は、NDLで10年勤続の感謝状を頂いたのを契機に書き始め、初めは方向性が定まらなかったのですが、INFOPRO2005でのRSSについての取り組みについての発表以来、図書館とその周辺のシステムにトライし挫折する苦悩、そしてWeb2.0とかOPAC2.0とかLibrary2.0とか納本ジャーとか中の人はインターフェース疑惑などについてとても遅いペースで描く激しくマイナーなblogとして今に至っています。

 いや、今回はそんなことはどうでもいいのです。
 今回のやり取りを見ていて、昔を思い出しました。

 冬のある日、つくばの無名の若者に、「インターネット上での図書館サービスの事例を集めろ」との上司からの依頼が舞い込む。まだ何のツテも人脈もない彼はnetnews上で情報を募集。これに呼応してくれた多くの人々が送るリプライと電子メール。見知らぬ人からの親切と情報。そして彼は国内のOPACのリストを取りまとめる。その過程の中で得られたものはpriceless。数年後、彼に異動の内示があるも、課長から「自分の息子のようなものだろうから、しっかり引継ぎをしてゆきなさい。」と指示があり、今はWeb担当係がその業務として更新が行なわれています。

 有名とか無名とか、若いとかベテランだとか、blogだからとか図書館員だからとかそういう問題を抜きにして、ただ「情報をくれ」という呼びかけにだれかが情報を持ち寄って呼応する。そんなやりとりができることが、素直にいいなと思います。

 そして時代は廻り、今度は自分が手助けできる番になりました。お手伝いになっていればいいのですが。そして、いつか彼がpricelessな何かをつかめますように。


 「最近システムなネタが少ない」とお嘆きの読者の方へ。(いない?)

 例によっていろいろ仕込みや調査はしているのですが、書けないこともあるのです。ホゲとホニャホニャを組み合わせたスペシャルカスタマイズ版OPAC(キーワードサジェスト有り)を見せていただき「やればできるじゃん」と不遜にも思ってみたり、「RSSリーダ同士でP2Pなんだ」な論文を読んだりしているとか。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)