国立国会図書館でAPI公開
図書館退屈男が「図書館戦争」状況〇一を見る

changeclass - referencerからcatalogerへ

4月1日。朝9時。一枚の辞令。そして今日から目録(と図書館システム)の主担当になった自分。

PCと、5年の間にたまった書類を台車に積み、住み慣れたレファレンスカウンターを後にし事務室へ。「ナメクジの購入先」やら「タニシの養殖」といったレファレンスも懐かしい。

入荷した資料は待ってはくれない。書誌と所蔵をつけよう。誰が呼んだかcopy cataloging。当方では研究報告やら研究所の独自出版物など灰色資料の山。ここで作らなければ誰が作る。他の研究所で作成した書誌でも一応チェックしながら所蔵をつける。巻冊次で処理している年報類に間違えて子書誌のレコードをつけてしまったのは秘密だ。

そう、図書館退屈男、真剣に目録と対峙するのは就職以来初めてなのだ! 15年目にして走る衝撃!
(NACSIS-CAT対応の図書入力の研修は筑波大で受けたけどそれは10年前。)

引継で課せられた任務は、研究所間で共同構築している総合目録の品質管理と図書館システムのリプレースに向けた仕様策定、現行システムの運用。もちろん自館の目録作成も。OPACならともかく、業務系システムを実際に使いつつバグフィックスなどの面倒まで見るとは。なにこの業務の多さ。叫びたくなる。

Catalog...Catalog make me crazy...crazy! Catalog...NACSIS change everything!
......I've got nothing...nothing to loose. 
…いや、だからさ、あるから。失うもの。いろいろ。

目録について真剣に取り組むのもきっと悪くない。APIの公開は軌道に乗った。PORTAからも利用できるようになった。次は中身の充実だ。どんなに遠くてもたどり着いてみせる。

ということで、今年度はNIIに何度も研修に伺わせていくことになるかと思いますので、関係各位には何卒よろしくお取り計らいいただきたくお願い申し上げます。


果てしない引継ぎを終え、帰宅の途に。地元の大型書店を出て握り締めるは「ON THE ROAD 2005-2007“My First Love”(初回生産限定盤)」。2006-2007のツアーに参加できなかった図書館退屈男にもたらされるわずかな至福のとき。

入学…いや入院まであと一週間。筑波大学大学院図書館情報メディア研究科博士後期課程に通うことになりました。何も知らない新参者ですがどうか、どうかよろしくお願いします。

なので今日からこのblogもThird season。

コメント

cheb

勝手な言い分ですが、tzhayaさんのような方が目録を担当されるというのは、この業界にとって明るいニュースなのではないでしょうか。FRBRにRDA、次世代目録を通して広がる新しい図書館サービスの可能性を楽しく伝えていただけたら、と思います。とかいいながら、私もテクニカルのはしくれですので、それなりに研鑽していこうと思います。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)