« 国立国会図書館でAPI公開 | メイン | 図書館退屈男が「図書館戦争」状況〇一を見る »

2008/04/01

コメント

cheb

勝手な言い分ですが、tzhayaさんのような方が目録を担当されるというのは、この業界にとって明るいニュースなのではないでしょうか。FRBRにRDA、次世代目録を通して広がる新しい図書館サービスの可能性を楽しく伝えていただけたら、と思います。とかいいながら、私もテクニカルのはしくれですので、それなりに研鑽していこうと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

最近のトラックバック

Powered by Typepad