Code4Lib JAPANへの誘い - デジタル情報の最前線に立つ覚悟はあるか
地震に遭いました。被災館からのILL等の支援をお願いします。

ちょっとCode4Lib行ってくる。

ずいぶんご無沙汰をしていました。

さて、2月7日(月)から10日(木)までアメリカはIndiana州Bloomingtonで開催されるCode4Lib Confereneceに参加すべく、成田空港第1ターミナル南ウイングまで来ました。こちらは後発組で、到着は現地時間6日(日)22:00ごろになりそうです。

発表の予定は特にないのですが、Lightning Talkに当日エントリーするかもしれません。

どんな会議か、というあたりは"How to Hack Code4Lib"に書かれています。Hackしないといけないようです。とりあえず、スーツで参加すると浮きまくる会議な事だけは確かなようです。

現地は大変にさむいようで、今月初めはシカゴ、ニューヨークなど近隣の空港は軒並み閉鎖になっており、「い、行けるのか?」と大変に不安でしたが、しばらく天気は持ちそうです。(Bloomingtonの天気予報

飛行機はシカゴ経由です。では、次は現地からレポートできる見込みです。Twitterでもお知らせできると思います。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)