その名はNext-L
第8回図書館総合展 (1st Day)

「狂犬病発症」の報に接し

 帰宅後、いつものように自宅でRSSリーダをチェック。

 するとasahi.comで「京都市の男性が狂犬病発症 国外での感染は70年以来 [暮らし] (2006-11-16 21:24)」との報が。Googleニュースで検索したところ、いくつかの新聞等でも報じられている。

 …出番だ。弊社の国内農学文献を収載したデータベースを検索。キーワード「狂犬病」で21件ヒット。タイトルでは64件のヒット。なぜこんなに違うのか。どうも、上位概念である「ウイルス」でインデックスを付与されているレコードもあるようだ。

 とりあえず多い方を採用することとする。早速、ダウンロードした検索結果動物衛生研究所動物検疫所のWebサイトにある関連情報を弊社webサイト図書館総合展案内Blogに掲載。弊社の来館者数は多くはないので、「関連する資料を別置して展示」では効果は薄い。まずはデータベースの検索結果とそこからの論文へのリンク(一部論文はPDFでDBに搭載)を公表することで何かの役に立てるかもしれない。1918~1935年の獣疫調査所研究報告など古い論文(PDFあります)も散見される。本当は検索結果から大学等のリポジトリへOpenURL等を使いリンクリゾルバ経由で飛ばせればよいのだが、少々古めのシステムのためそれも望めず。いずれ改善しよう。

 果たして、こうした情報をいち早く公開することに効果があるのか。こういう場合こそ、Blog+RSSでの情報公開はタイムリーに情報を届けるツールとしての効果が出そうだ。今回はその当りも見極めたいと思う。


 当然ながら、今回は独断で動いたため上司の許可は取っていない。明日の朝一で説明しなければ。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)