OPAC2.0を想う
図書館タグクラウド

お風呂でPSPでTV

 LocationFree LF-PK1の導入により無線LAN環境下での音声及び映像視聴環境を強化しつつある当家において、新規デバイスの投入によりさらなる利便性の向上が図られた。

 それはパイオニア製携帯電話ハンズフリー対応お風呂用ポータブルスピーカーHAPPY AQUA PHONE。防沫設計された本体に携帯電話やポータブルプレーヤーを収め、音楽再生や携帯電話の自動着信、通話が行なえる。防水ではないので当然ながらバスタブには沈められない。これでお風呂やプール付マンションのプールサイドでも安心して連れ合いが耽溺して現世に帰ってこれなくなっているミュージカル「エリザベート」とやらプラネテス」を堪能できることだろう。

 名前は携帯電話での使用を連想させる(Webページの写真でも携帯が中に見える)が、http://www.pioneer.co.jp/happystyle/phone/spec.htmlの図をご覧頂くとわかるとおり、携帯フォルダの部分にはPSPがぴったり入る。まるで計算されたようだ。ちょうど窓の部分にPSPのディスプレイが当るので、映像を見るにはちょうどよい。

 ただし、本体標準のステレオミニプラグにPSPを接続すると、コネクタ部分が内部のアンプ部と干渉しPSPの位置が斜めになり不安定な状態となる。こちらでは、0.5mの延長用ケーブルを使用し、図の上部(フロントケース上側)のスペースまでケーブルを引き、こちら側でPSPと接続することで安定した状態を確保している。また、本体内にPSPを収納するとPSPの操作は行えない。チャンネル等の設定は事前に行う必要がある。
 なお、収納可能な機器のサイズは 167(W) x 210(H) x 26(D) mmとされている。これは本体裏側での収納を考慮しての数値であろう。内部にACアダプタ等はない。

 ということでお風呂に持ち込んで視聴。これでGUNDAM0083でのデラーズフリートの勇姿オリンピックでの日本勢の活躍も優雅でリラックスした環境で見られること請け合いだ。くつろぎ感3倍にアップ。なお、本来の使い方と異なり、本体を横置きにするので不安定ではある。そこは各自の創意工夫で乗り切ってほしい。

 大きさであるが、割と大きい。面積はB5サイズ、厚さはこぶし大。
 購入はヨドバシAKIBA。8,190円(税込)。ただのステレオスピーカと箱のくせに高いように思えるが、それはきっと気のせいだ。

 パイオニアのWebサイトからはこの商品にたどり着けないので、廃盤品なのかもしれない。(未確認) スピーカのみの製品はあるが、窓付きのものはない。
 なお、"HAPPY AQUA PHONE"でGoogleに聞くといくつかのサイトでの販売が確認された。まだ在庫はあるようだ。(FAQでは「雑貨店を中心に販売しております。電器店では販売しておりません。」とあるのにヨドバシに店頭在庫があるところから何かを察する。)


 「DVDBox入手」と後輩に語ったところ、「それはオタですよ。危険ですよ。」と諭された。なんでも今週の「こち亀」でそういうセリフがあったとのこと。

 自宅に戻って確認すると、「DVDBoxを買うととまらなくなりますから」じゃないか。なんか違うぞ。引用は正確に。まあDVDBoxを買ったことには違いないが。0083。5.1ch再アフレコ版。ここには5.1chの再生環境はないが。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)