タグクラウドその後
RSSとOAI-PMH

RSSでOPACな原稿掲載

 INFOPRO2005の後依頼があり、年始から書いていたRSSでOPACな原稿がようやっと校正も終わり、4月1日からWebサイトで公開されていました。よろしければ、サンプルスクリプトとあわせてご覧ください。また、ご意見ご感想をお待ちしております。本当に。

 当初は、INFOPRO2005の予稿をベースに、「原稿を読んだ担当者がRSSでのサービスを始められるような内容を」ということで、RSSの利用事例やサービス提供のための how to 中心で書いていました。で、筆が滑って「もう少し進んだ内容を」と思い「amazon web serviceのようなAPIを持ったOPACの実現→OPAC2.0への進化」について書いたところ、主にスクリプトを書いてくれた共著者から「これは熱いコンセプトですよ!これで押しましょう!これで!」と熱く迫られ、文章のトーンも「XMLにすることで、ほーらこんなメリットが」というようなものに変化してゆきました。結果、予定枚数を大幅に超えてしまい、サンプルスクリプトも別にWebページに掲載するなど、編集ご担当の方にはご迷惑をおかけしました。

 OPAC2.0的に目指すところとしては、こんなことができるといいなと。なんとなくWeb2.0ライクに。あとは本文をご参照ください。

  • XMLでデータを取り出して入力インターフェースをリッチに(タグクラウドなど
  • RSS/XMLによる検索結果出力で
    • キーワードを登録して新着図書のアラートをRSS/ATOMで受信
    • 検索結果出力インターフェースも自由に設計可能
  • 他のXML化されたサービスとの連携(Web2.0的に言えばマッシュアップ)

 とりあえずはOpenSearch対応かな、ということで、これはこれで準備を進めています。また、RSS/ATOMだけでなく、これにMODSの記述要素を加えて詳細な書誌情報をあわせて配信すべく準備中です。言ったからにはやらないと。

 職場でも議論したのですが、何と連携させるか、「リッチなインターフェース」とは何か、まだまだ試行錯誤が続きそうです。

 今、気になっているのはMicroformatです。hReviewのようなclass属性で記述してゆくアレ。第3回FBSカンファレンス(資料こちら)でのNII(というよりglucoseの方)の大向さんの発表で概要を知ったのですが、図書館での書誌事項用の記述定義がMicroformatでできて、各社OPACの通常の検索結果出力がこれに対応するだけでも何かが変わるような気がします。

 OPAC。10数年前にtelnetでアメリカの大学図書館のOPACが引けることを知り感動を覚え、国内のOPACのリストを作り、とうとうOPAC2.0なんてたわごとを言い出し始めてしまった私。これからどうしましょう。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)