Connotea Code
Re: WebOPAC XML Interface Preview Release 1

WebOPAC XML Interface Preview Release 1

 MS IGLOOとかサラリーマンNEOとかに気をとられているうちに、気がつくと前回のエントリから一ヶ月も経過。遅筆をご容赦ください。「サラリーマンNEO」で検索してこのサイトにこられた方、ここは図書館システムのネタが多く更新も遅いブログですが、こんな世界もあるのだと思ってソーシャルブックマークやRSSリーダに登録などしていただければ幸いです。

 で、セミナーなどで会う人ごとに「新ネタまだですか」とプレッシャーをかけられご要望を頂き、雑用に追われているうちに梅雨に入ってネタが腐りそうなので一部ですが出すことにしました。なので Preview Release1。別サーバ上に実装予定なので下記のリンクは変更を予定しています。

 とりあえず、以下のリンクをお試しください。認証が必要ですが、必要な情報は認証ダイアログに表示されるほか別エントリに書いておきましたのでそちらをどうぞ。

 いずれも、RSS1.0+MODSで書誌情報を出力。スクリーン用スタイルシートは準備中。なので生XMLでの出力ですがご容赦を。情報は十分あるので、ユーザの方でお好きに粋に表示画面を設計できる仕様です、というと何かフレンドリー。リッチなユーザ体験をあなたに。

 基本書式はシンプルに。

BASEURL/(ISSN|ISBN|書誌ID)

 mod_rewriteでISSN/ISBN/書誌IDを識別し、適切なqueryに変換しOPACサーバに送出しています。別サーバからURLをリダイレクトしているため、変換後のURLが見えてしまい今一なのでこれは次のリリースで改良予定。 

 デフォルトでは無駄にゴージャスに RSS1.0+MODS での出力ですが、RSS2.0やOpenSearch準拠での出力にもパラメータを指定して対応可能。
 また、ISSN等と同様にキーワードをURLに仕込んで検索可能な仕様にもなっていますが、「日本」とか「農業」のようなヒット件数の多い単語で検索すると切れそうなぐらい返事が遅いので、このあたりの詳細仕様をチューニング中。詳細は次リリースで。

 7月以降、東日本を中心に4箇所でライブツアーを敢行(講演とも言う)するので、ちょっとずつでも機能を増やしてネタとして使います。ご期待ください。というか感想やご意見などありましたらコメントなどお寄せください。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)