図書館退屈男だってミュージカルを見る。名古屋でだけど。
Catalogerになりたくて

レゴで図書館を作ってみた

図書館退屈男、趣味はレゴブロック。

以前にも一度レゴで図書館を作っているのですが、某所へ出品するため大幅に改築を図りました。

今回の設定はこんな感じ。

港湾地区における造船・運輸等関連企業からの情報検索のニーズの高まりを受け、ビジネス支援を主目的に置いたBrick Fan Town Public Library Branch of Bayside が近日オープン。運営は本分館のみ試行的に市直営から指定管理者に移行、「3日やったら辞められない」ほど有能と目される民間行政プロバイダSMS(Sea and Marine Servant)社が行う。建屋については既存倉庫の骨組みを流用、内外装をアレンジすることで経費節減と工期70%減を達成。
館内で小規模なセミナーが開催可能な会議室、情報検索端末の設置などが特色。
今後は、地元企業の協力を得つつ港湾部における情報拠点としてサービス展開を予定。

以下、写真でご紹介。パンフレット(PDF, 2.2MB)とその他の写真(flickr)もどうぞ!

Zenkei_2 全景です。中央のいるかのマークが目印。
Front 倉庫の搬入口だったところは総ガラス張りに。
Up 上方からの眺め。吹き抜け構造をとり、開放感を演出しています。

ここから内装と図書館用品です。

Meeting ちょうどセミナーを開催中。今日のテーマは「造船業関連規格の検索法」。
Bds 入り口にはBDS。
Bookcart ブックトラックも外装に合わせて赤色をチョイス。
Bunko 文庫本用回転式書棚もご用意。ハヤカワSF文庫好きのあなたもあんしん。
Counter カウンター周りです。小規模館なので職員は1~2名が常駐です。後ろの手洗い、わかりますか?
Desk キャレルデスクも3席あります。
Pc 情報検索端末を3台配置。端末の間は仕切りを入れてプライバシーにも配慮を。
一番手前は…スクリーンセーバですね。
Syoka 通常の書架は2段3連、集密書架は4連です。

こうして作った図書館ですが、9月13日(土)~23日(火)に那須ハイランドパーク『LEGOスタジアム』に展示され、大きな町の一つの建物になります。この図書館は、倉庫や埠頭、造船所が並ぶ港湾地区の一角、海を見渡せる角地にあります。詳細は下のアイコンからどうぞ。


【おまけ】

Kare

港町の昼下がり。仕事に区切りをつけた労働者諸君は昼食を買いに。

この町の一番人気は、図書館の裏手にある本場仕込のカレーライスの屋台。大きなズンドウに仕込んだライスとカレーは、あっという間に胃袋へ。もちろん、味はちょっと塩気のある辛め。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)