あのとき僕らは端末の前にいた(4)
OPACをクローリングしたら逮捕されるこの国で

「ず・ぼん」15号電子版を買ってみた

IMG_1062     
理想書店さんから「ず・ぼん」15号電子版を買ってみました。冊子体も持ってはいるのですが。

購入前にはボイジャーストアへの会員登録が必要だったり、買う前にいくつか準備が必要です。支払いはWebMoneyまたはクレジットカードです。記事毎にばら売りもしていますが、まとめて買うと税込み998円。冊子ですと2,000円ですからかなりお得ですね。扱っている書店も少ないですし。

こちらではiPhone用の「理想BookViewer」でダウンロードしてみました。

本文を開こうとすると、フォントのダウンロードが始まります。ダウンロードしなくても読めますが、違いは以下の通り。右がフォントダウンロード前、左がダウンロード後です。フォントダウンロード後では、本誌と同じフォントが使用されています。

フォントダウンロード後フォントインストール前

  メニューバーは本文を下にずらして表示 本文を下にずらすと、ツールバーが現れます。左から、

  • 閉じる(作品リストに戻る)
  • 回転機能のロックと解除(本体の向きにかかわらず縦横を固定できます)
  • ジャンプ元(ハイパーリンク元)へ戻る
  • 目次表示

です。ツールバー自体を左にずらすと、縦書き/横書きの選択、文字の大きさの変更、ヘルプが現れます。

下は目次です。本文へのハイパーリンクがあります。目次

本体を横にして見た方が、本誌に近い見え方になります。 フォントサイズを比べてみましたが、四段組の本誌より、ちょっと小さいフォントサイズでした。イコールにはできませんが、横で見た方が見やすいように思います。

冊子体との比較
 ページめくりは、他のiPhoneのアプリケーションと比べてもストレスは感じません。図表を拡大した際にちょっともたつきがあるくらいです(iPhone3G使用。3GSならもっと早い?)。

あとは…購入時のインターフェースがもうちょっとこなれないかなあ、と。iTnuesみたいなポータルサイトから選択できるようになるといいな、とか。(iPhoneからだと理想書店のWebサーバにSafariで飛ばされます。インターフェースはiPhone用です。)

iPhoneの画面で見るのは慣れていますが、もうちょっと大きい、そうiPadで読めれば…とも思ってみたり。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)