LibXと対峙してみた (基礎設定編)
国立国会図書館がソーシャルブックマークを始めると誰が予想しえたのか。

LibXと対峙してみた (Catalog激闘編)

※この記事は2010/03/23に一部追加修正を行いました。

さて、日本のベンダを相手にしていないLibXにどうやってうちのOPACの検索を実装するか。

とりあえずソースを読むことにする。何か書いてあるだろう。昔はソースからxpiをビルドしていたわけだし。

古のconfig
ではCatalog & Databasesで設定できるのは、

# The catalogtype.
#
# It must be one of millenium, horizon, aleph, voyager, or sirsi.
# Or, it can be sfx, sersol, and bookmarklet.
# sersol does a search in Serials Solution's Journal Linker
# sfx does a search in SFX's Journal search interface driven by OpenURL.
# bookmarklet allows generic searches.  An example is below.

とある。bookmarkletがなんとなく使えそう。読み進むと、


# Search VT Electronic Theses and Dissertations
$catalog2.catalog.type=bookmarklet
$catalog2.catalog.name=VT ETD
$catalog2.catalog.url=https://scholar.lib.vt.edu:8765/query.html?qt=%Y&col=theses&charset=iso-8859-1
$catalog2.catalog.options=Y

のように、catalog.type を bookmarklet にして、URL中に検索後を埋め込む方法があるようです。この例では %Y=keyword. で、その他の検索項目は以下のものが使えます。

#       Use a ; separated list to change that.  The codes are
#       'i' - ISBN, 'is' - ISSN, 'a' - author, 't' - title,
#       'Y' - keyword, 'c' - call number
#       'd' - Subject

こちらのOPACにあてはめると、例えばタイトルの検索はURLで

https://opac.cc.affrc.go.jp/alis/summary.csp?TL=%t&TLopt=AND&TLKopt=&DB=all&kikan=1&Srt=TL&SELECTgroup=0&RANGE=50&SELECTkikan=0&LANG=JPN

となります。
設定方法は、Catalog & Databases 右から「Bookmarklet」を選択して、以下のように設定しました。

Bookmarklet Name
ALIS WebOPAC(Title)みたいに名前をつける
Bookmarklet URL Template
(先のURLを入力。タイトル検索だから TL=%t)
Bookmarklet Search Options
(検索対象を入力。タイトル検索だから t)

このようにして作成したアドインはTest Pageからインストールできます。例によって自己責任でお試しください。テスト用の項目もありますので、どんなことができるかがつかめると思います。SFXもご利用いただけます。なお、SFXは社外からはアクセスできないので実質的には利用できません。OPACのみお試しください。また、仕様は予告なしに変更されることがあります。

把握している点をまとめてみました。

  • インストール
    • FirefoxまたはIE8でで「Click here to install LibX AFFRIC/MAFFIN Edition」をクリックすると、自動的にソフトウェアがインストー   ルされます。許可を求めるダイアログが出ますがそのまま進んで下さい。
      Firefoxを再起動すると、プラグインが利用可能になります。
  • できること
    • ブラウザ上のツールバーから、ALIS WebOPAC、SFX、google scholar、SFX電子ジャーナルリストの検索が可能。
      SFXはPubMed ID、DOIからの検索も可能。
    • Webページ上のISSN、ISBN、PubMedID、DOIとおぼしき文字列について自動的にリンクを生成し、OPACやSFXにリンクします。
    • Webページ上の任意の個所を選択→右クリックでOPACやSFX、Google scholarを検索できます。
    • Webページ上の引用文献部分を選択→ツールバーの「Scholar」へドラッグするとSFX/Google Scholarに当該論文を検索に行きます。(時々失敗します。)
  • 未完成部分
    • ISSNとISBNの認識に失敗し、正しく検索されないことがあります。
      このような場合は範囲選択→右クリックでISBNを選択して検索して下さい。
    • ISSNについてはSFXでの検索をお勧めします。
    • SFX電子ジャーナルリストの検索が動いていません。今はリンクしているだけです。
  • アンインストール
    • Firefoxの[ツール]-[アドオン]から「LibX MAFFIN」を選択して「削除」を押して下さい。Firefoxを再起動すると削除されます。
    • IE7/8は[コントロールパネル]の[プログラムの追加と削除]からアンインストールできます。

結構使えそうです。日本のOPACも対象にしてはもらえないかと思うこのごろです。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。